ネットスカウトのオススメアプリ!!

ミナミで夜職を探すならAgent work’s!


夜職と言っても、ソープやデリヘル、キャバクラやラウンジというように様々な業種が存在しています。

そこで、今回はそういった業種で働きたい人へ、業種選びや働くまでの流れをお伝えしたいと思います。


業種選び

まずは風俗か水商売か

明確に働きたい業種が決まっている方は下へスクロールして、働くまでの流れをご覧下さい。

風俗を選んだ場合

風俗と一括りにしても、エステ系やオナクラといったソフト系から、ヘルスやソープといった業種まで幅広く存在します。

風俗という言葉に対するイメージとして、「お客さんとエッチして稼ぐ」というものがあるかもしれませんが、風俗の業種全てがそういう訳ではありません。

オナクラは「舐めない」「脱がない」「触らせない」ことが特徴ですし、エステ系はマッサージをしてから最後に手で射精を促すことが特徴です。

ですので、風俗初心者の方も働きはじめやすいのではないでしょうか。

エステ系であればマッサージの講習を受けた後に出勤という形になるのでマッサージの知識がなくても大丈夫な上に、スキルを向上させていくことが出来ればさらにバックの高いエステ店で働くことが可能です。

また、ソープやヘルスであれば、格安店からのスタートであったとしても働く中でサービスの質を上げていけばその上のランクの店で働くことが可能になるので、あなた自身に頑張る気があるならガンガン稼げますよ。

水商売を選んだ場合

水商売にはキャバクラやラウンジが当てはまります。

私の友人に、キャバクラに憧れて働いている人や、夜職に憧れてラウンジで働いている人がいますので、憧れて働きたいと思っている方が多いのかなと感じています。

たしかにキラキラしているイメージが強いので憧れてしまいますよね( ˊᵕˋ*)

私は男ですが、自分が女やったら働きたいと思ったやろなぁとたまに考えます。

さて、キャバクラといっても格安店から高級店まで様々です。こちらも格安店からスタートしたとしても、接客スキルをあげたり、指名を増やしたりと実績を積めばよりランクが上のところにいくことも夢じゃないので、心配しないでくださいね。

ドレスも店服というものがあるので、初めのうちはそれを借りて働けば大丈夫ですので、迷っているなら飛び込んでみてください!そのためのサポートはきちんとさせていただきますd(‘∀’*)

働くまでの流れ

スカウトに希望を伝える

面接を組むにしても、どの業種で働きたいのかやどの地域がいいのか、面接の日はいつがいいのかがわからないと何もできません。

ですので、最低でも業種と面接の希望日時は伝えてくださいね。

この時に業種のことで気になることや、不安なことも一緒に聞いた方が面接の際にスムーズにことが運ぶので、遠慮せずに言っちゃってください!

面接と体験入店

面接はお店で行うことがほとんどです。

その時は、あらかじめスカウトに伝えておいた条件を店側に伝えてもらってるのでリラックスして面接に臨んでください。

その後、体験入店を経て在籍していくことになりますが、体験入店の時点で合わないと感じたらスカウトに伝えてください。

もう少し続けて様子見をするか、別の店を探すかを一緒に考えていきましょう。


友だち追加

LINEに移行しない方はこちら